九州工場の一部操業再開について(2016年5月9日)

  2016年4月14日以降熊本県を中心に発生した「熊本地震」から3週間以上経過しました。 被災された方々に心よりお見舞い申し上げますとともに、被災地の一日も早い復興をお祈りいたして おります。

  弊社九州工場(熊本県菊池郡大津町)は2度にわたる震度7の地震の震源地に近かった こともあり、事務所及び製造設備の一部が被害を受け、4月15日より操業を停止いたしておりました。 その後、余震による2次災害の発生防止に細心の注意を払いながら操業再開に向け設備・機器の点検を 進め、また、お取引業者各社の迅速な修繕対応等のご協力もあって、本日5月9日より一部工程で 操業を再開いたしました。
  まだ修繕を要する設備・機器が残っておりますが、引き続き復旧作業を続けながら、 順次再開工程を増やしてまいります。
  地震前の操業環境に戻るにはもうしばらく時間をいただくことになりますが、 完全復旧に向け最善を尽くして参りますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

  なお、九州工場内に併設している九州営業所の事務フロアも被災いたしましたが、 場内の別の場所に一時的に営業所機能を移し、4月中に営業活動を再開しております。



「熊本地震」による影響について(2016年4月18日)

  2016年4月14日以降熊本県を中心に発生した「熊本地震」で亡くなられた方々の ご冥福をお祈りいたしますとともに、被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。 また、被災地の一日も早い復興をお祈りいたしております。

このたびの地震の影響による弊社の状況についてお知らせいたします。
  弊社九州工場並びに営業所(熊本県菊池郡大津町)が今般の地震の影響を受け、 事務所及び製造設備の一部が被害を受けたことにより4月15日より操業を停止いたしております。
  広く報道されているとおり、今回の地震では比較的大きな余震が絶え間なく続いています。 幸いにも弊社従業員及びその家族においては人命に関わるような被害はなかったものの、自宅が被災し、 避難所に身を寄せている者も多くおります。
  まずは、従業員の安全確保並びに生活環境の回復を優先するとともに、操業再開に向け 二次災害を起こさないよう細心の注意をはらいながら、設備・機器の点検を進めてまいります。
  こうした環境下にあるため、九州工場・営業所の操業再開時期について、現時点で明確に ご案内できかねるのが実情でありますが、信越石英グループの総力をあげて、代替生産等を実施し、 お取引先様各位には可能な限りご迷惑をおかけしない所存です。
  弊社のおかれている実情を何卒ご理解いただき、特段のご配慮をお願い申し上げます。

  なお、佐世保工場(長崎県佐世保市)については、地震の影響を受けることなく、通常通り操業しております。



本社ビルの電気工事に伴う電話・FAX不通のお知らせ (2015年10月6日)

  当社本社ビルにて、電気工事を実施いたします。 その為、以下の日程、時間帯で、 本社宛の全ての電話番号とFAX番号が不通となりますのでお知らせ致します。
  皆さまにはご不便をおかけしますが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

    <不通となる電話、FAX番号>
             電話   : 03−3348−1912
             03−3348−1913
             03−3348−1914
             FAX   : 03−3348−4919

    <不通となる日程、時間>
             2015年10月16日(金)19時から24時まで
             2015年10月17日(土)終日
             2015年10月18日(日)終日
             2015年10月19日(月)0時から9時頃まで


本社組織変更のお知らせ (2015年6月26日)

  当社本社は、2015年7月1日付けで、下記のとおり本社組織を一部変更することとしましたので、ご案内申し上げます。

  加工品材料事業部
    取扱製品:半導体製造プロセス用石英加工品及び材料、各種石英治具等。
      ※「第3事業部」から名称変更

  機能材料事業部
    取扱製品:石英るつぼ、光ファイバー用石英、ランプ用石英、光学用石英等。
      ※「第2事業部」から名称変更、「第1事業部」より光学用石英の取扱を移管

  新規開発部
    業務:新規製品、事業の開発。石英クロス、フィラーの販売。
      ※「第1事業部」から名称変更

いずれの部門も電話番号及びFAX番号の変更はなく、以下の通り共通の番号となります。

      電話番号 :03−3348−1913
      FAX番号  :03−3348−4919



本社ビルの電気工事に伴う電話・FAX不通のお知らせ (2014年10月3日)

  当社本社ビルにて、電気工事を実施いたします。 その為、以下の日程、時間帯で、 本社宛の全ての電話番号とFAX番号が不通となりますのでお知らせ致します。
  皆さまにはご不便をおかけしますが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

    <不通となる電話、FAX番号>
             電話   : 03−3348−1912
             03−3348−1913
             03−3348−1914
             FAX   : 03−3348−4919

    <不通となる日程、時間>
             2014年10月17日(金)19時から24時まで
             2014年10月18日(土)終日
             2014年10月19日(日)終日
             2014年10月20日(月)0時から9時頃まで

『JPCA Show 2014 (第44回国際電子回路産業展) 「プリント配線板技術展」』
    (2014/6/4〜6/6)に出展します。 (2014年4月17日)

当社は6月4日(水)から6日(金)まで東京ビックサイト(東展示棟)にて開催される 『JPCA Show 2014
(第44回国際電子回路産業展)』内のPWB Tech 2014 「2014 プリント配線板技術展」に出展します。

信越石英は、付加価値の高い多彩な製品を生み出す石英ガラス総合メーカであります。
今回、石英ガラスの特徴である「低熱膨張率」および「低誘電特性」を併せ持った「石英クロス」を
電子材料基板用途等にご紹介致します。
ご来場の際は、是非弊社ブースにお立ち寄り頂き、 お気軽に説明員にお声掛け下さい。

展示会紹介

名称:(第44回国際電子回路産業展)
公式HP: http://www.jpcashow.com/show2014/index.php
主 催 : 一般社団法人日本電子回路工業会(JPCA)
会 期 : 2014年6月4日(水)〜6日(金) 午前10時〜午後5時
会 場 : 東京ビッグサイト 東展示棟・会議棟
弊社ブースは小間番号「2F-10」です。皆様のご来場をお待ちしております。


出展品のお問い合わせ先
石英クロス」に関するお問い合わせ  第1事業部 03-3348-1913



本社ビルの電気工事に伴う電話・FAX不通のお知らせ (2013年10月10日)

  当社本社ビルにて、電気工事を実施いたします。 その為、以下の日程、時間帯で、 本社宛の全ての電話番号とFAX番号が不通となりますのでお知らせ致します。
  皆さまにはご不便をおかけしますが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

    <不通となる電話、FAX番号>
            電話   :03−3348−1912
                       03−3348−1913
                       03−3348−1914
            FAX   :03−3348−4919

    <不通となる日程、時間>
            2013年10月18日(金)19時から24時まで
            2013年10月19日(土)終日
            2013年10月20日(日)終日
            2013年10月21日(月)0時から9時頃まで



『OPIE’13 レンズ設計・製造展(4/24〜26)』に出展します。 (2013年3月19日)

  当社は4月24日(水)から26日(金)までパシフィコ横浜(横浜市)にて開催される 『OPTICS & PHOTONICS International Exhibition2013』内の 「レンズ設計・製造展」に出展します。

  今回は石英ガラスの優れた特徴の一つである「光透過性」を用途に応じて 最大限に高めた「光学用石英ガラス」及び「ファイバーレーザ向けプリフォーム」を ご紹介致します。ご来場の際は、是非弊社ブースにお立ち寄り頂き、 お気軽に説明員にお声掛け下さい。

展示会紹介
     名  称  :  OPIE’13  レンズ・設計製造展
     公式HP:   http://www.opie.jp/lens/index.php
     主  催  :  (株)オプトロニクス社
     会  期  :  2013年4月24日(水)〜26日(金)  10:00〜17:00
     会  場  :  パシフィコ横浜  展示ホールC,D
   弊社ブースは小間番号「H-12」です。皆様のご来場をお待ちしております。

出展品のお問い合わせ先
「光学用石英ガラス」に関するお問い合わせ   第1事業部  03-3348-1913
「ヘレウス社製プリフォーム」に関するお問い合わせ   第2事業部  03-3348-1913


石英ガラス製フィルターの販売について (2012年10月24日)

石英ガラス製フィルターのページを追加しました。
詳細は「製品ガイド」の「その他石英ガラス」ページをご覧下さい。


メンテナンス作業に伴うホームページ停止のお知らせ (2012年5月22日)

 停止日時
    2012年6月15日(金)13時ころから
    2012年6月18日(月)10時ころまで

 ※上記日時においては、システムのメンテナンスのため、当社ホームページにアクセスすることができなくなります。



本社オフィス内工事に伴う電話・FAX不通のお知らせ (2011年11月14日)

  当社では、2011年11月25日午後から11月28日午前にかけて本社(新宿)のオフィス内工事を実施いたします。 その影響で以下の日程、時間帯で、本社宛の全ての電話番号とFAX番号が不通となりますのでお知らせ致します。
  皆さまにはご不便をおかけしますが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

    <不通となる電話、FAX番号>
            電話   :03−3348−1912
                       03−3348−1913
                       03−3348−1914
            FAX   :03−3348−4919

    <不通となる日程、時間>
            2011年11月25日(金)17時頃から24時まで
            2011年11月26日(土)終日
            2011年11月27日(日)終日
            2011年11月28日(月)0時から10時頃まで



夏季期間の節電対応休業日についてのお知らせ (2011年7月21日)

  当社では、夏季期間の節電対策の一環として、8月の以下の日程について 休業日とさせて頂きますのでお知らせ致します。
  皆さまにはご迷惑をおかけしますが、ご理解とご協力をお願い申し上げます。


    <休業日とさせて頂く日程>
    8月5日(金)、8月15日(月)、8月16日(火)



郡山工場の操業再開についてのお知らせ (2011年4月28日)

  2011年3月11日に発生した「東北地方太平洋沖地震」から約1ヶ月半が経過しました。 被災された方々には心よりお見舞い申し上げるとともに、被災地の一日も早い復興をお祈りいたます。

  弊社郡山工場(福島県郡山市)は、震度6の激しい揺れにより 製造設備や建屋が被害を受け、4月上旬頃まで操業を停止しました。 その間、余震等による二次災害を起こさないよう細心の注意をはらいながら、 再稼動にむけて設備・機器の点検ならびに修復工事を進めてまいりました。 その結果、工場周辺のライフラインやインフラの復旧が進んだこともあって、 震災から約1ヶ月経過した4月半ばより順次操業を再開し、現在一部を除き 一連の製造設備が再稼動しております。
  しかしながら、被災設備については応急修繕による 仮復旧にとどまる箇所も多く、大きな余震が発生するたびに操業を一時中断して 点検や調整作業を繰り返しながら、操業継続に努めております。 一方で、いまだ予断を許さない福島原発問題、および夏季に向けての 電力不足の懸念など、操業環境面の不安は残っております。
  こうした環境下、当社は一日でも早く震災前の操業レベルに 上げることを目標に、引き続き全力で復旧作業に取り組んでまいります。
  今後もお取引先様各位には可能な限りご迷惑をおかけしない 所存でおりますが、何卒弊社のおかれている状況をご理解いただきますよう お願い申し上げます。

※  地震により操業を一時停止した子会社「株式会社山形信越石英」につきましては、
     被災状況も軽微であったため、3月15日より操業を再開しております。



「東北地方太平洋沖地震」による影響について (2011年3月25日)

  2011年3月11日に発生した「東北地方太平洋沖地震」で亡くなられた方々の ご冥福をお祈りいたしますとともに、被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。 また、被災地の一日も早い復興をお祈りいたしております。

このたびの地震の影響による弊社の状況についてお知らせいたします。
  弊社郡山工場及び子会社である山形信越石英が今般の地震の影響を受け、 ともに一旦操業を停止いたしました。
  山形信越石英につきましては、設備点検も終了し、3月15日より操業を 再開いたしております。ただし、今後東北電力による計画停電等が実施されれば、 生産面における影響は避けられない見通しであります。
  郡山工場につきましては、余震が続く中、万一にも二次災害を起こさないよう、 細心の注意をはらいながら、現在、設備・機器の点検を継続中であります。 幸いにも被害は比較的軽微であったものの、福島第一原子力発電所の事故の影響も加わり、 交通手段、物流・輸送ルートが混乱していることもあって、修理業者・部品の調達も ままならない状況にあります。また、生活物資の極端な欠乏は、 心理的ストレス・不安も伴いながら、従業員の日常生活をも圧迫しております。
  こうした環境下にあるため、郡山工場の復旧・操業再開時期について、 なかなか明確にできないというのが実情でありますが、特段の事情の変化がない限り、 三ヶ月以内の本格的な操業再開を目標に、現在全社一丸となって復旧作業に 取り組んでいるところであります。その間、欧米・アジア等に展開する、 信越石英グループの総力をあげて、代替生産等を実施し、お取引先様各位には 可能な限りご迷惑をおかけしない所存です。
  弊社といたしましては、電力の削減・使用抑制等にも配慮しながら、 引き続き復旧に全力を尽くしてまいります。
  弊社のおかれている実情を何卒ご理解いただき、特段のご配慮をお願い申し上げます。



神栖工場の閉鎖と機能移転のご案内 (2009年8月20日)

  当社は、神栖工場(茨城県神栖市)を2009年8月末で閉鎖し、 その機能を武生工場味真野分室に移転することとなりました。
  2008年11月にサンゴバン株式会社より石英プレート材事業を当社が譲り受けて 「神栖工場」として事業展開してまいりましたが、当社がかねてより同様に石英プレート材事業を 展開しております武生工場味真野分室に移転、統合することで、より効率的でスピーディな事業運営を目指します。
  神栖工場の製造品目は、2009年9月より武生工場味真野分室にて製造、出荷されることに なります。
  お取引様、ご関係者様におかれましては、本旨をご理解いただきますともに、 引き続き当社製品をご愛顧いただきますようお願いいたします。

神栖工場の機能移転先

        信越石英株式会社 武生工場 味真野分室
        〒915-0037
        福井県越前市萱谷町3-1-4
        TEL: 0778-27-2818 FAX 0778-27-2878

『セミコンジャパン2008』に出展します。 (2008年12月3日)

  当社は、12月3日(水)から5日(金)まで幕張メッセ(千葉市)にて開催される 『セミコンジャパン2008』に信越グループ各社と合同で出展します。
当社は半導体製造プロセス用の不透明シリカコート石英治具を中心に出展いたしますので、 是非信越ブースまでお立ちよりください。

詳しくは、 「セミコンジャパン特集」 ページをご覧下さい。

サンゴバン株式会社からの石英事業承継のお知らせ。(2008年11月1日)

当社では、2008年10月にサンゴバン株式会社(以下、サンゴバン社)と事業譲渡契約を取り交わし、 11月1日付けでサンゴバン社の石英インゴット事業の権利義務を承継いたしました。
具体的には、サンゴバン社の石英販売部門と石英の一次加工を行なっていた鹿島工場について、 従業員ともども弊社が譲受いたしました。
鹿島工場は、「信越石英株式会社神栖工場」として再スタートします。
詳しくは、以下のとおりです。

    1.事業移管日  2008年11月1日

    2.取扱い製品  Heraeus社製  TSC-3、OSC、Spectrosil
        (品名・規格等はサンゴバン社取扱い時のものを継承します)

    3.工場 信越石英株式会社  神栖工場 (旧サンゴバン株式会社鹿島工場)
        住所:〒314-0254  茨城県神栖市太田3367-7
        電話:0479-40-1518  FAX:0479-46-7879

従来サンゴバン社を通じてお取引させていただいたお取引様に対しては、
別途当社営業部門よりご案内させていただきます。

停電に伴うホームページ一時停止のお知らせ (2008年2月20日)

  電気設備点検実施による停電のため、下記の期間、本ホームページがご利用いただけない状態となります。
また、停止及び再開の時間帯につきましては、若干の変動が考えられます。
ご迷惑をおかけいたしますが,ご了承くださるようお願いいたします。

停止日時  :  2008年2月23日(土)  20時  〜  2008年2月24日(日)  12時

『セミコンジャパン2007』に出展しました(2007年12月14日)

  当社は、12月5日(水)から7日(金)まで幕張メッセ(千葉県千葉市)にて開催された 『セミコンジャパン2007』に信越グループ各社と合同で出展しました。
開催期間中、多数の方々に当ブースにご来場頂き、誠にありがとうございました。

詳しくは、 「セミコンジャパン特集」 ページをご覧下さい。

武生工場の一部移転のお知らせ(2007年10月1日)

  武生工場製造部製造三課が10月1日より(株)福井信越石英の建屋内に移転し、 新たに組織名称も「武生工場製造部味真野分室」と変更いたしました。

新住所は こちらをご確認ください。

東北営業所および(株)山形信越石英の住所表示変更のお知らせ(2007年3月5日)

  2007年3月5日より、東北営業所および且R形信越石英の住所表示が変わりました。
[旧住所表示]  〒994-0065  山形県天童市大字清池字藤段1346

[新住所表示]  〒994-0069 山形県天童市清池東2-4-1

電話番号・FAX番号の変更はありません。

停電に伴うホームページ一時停止のお知らせ (2007年2月8日)

  電気設備点検実施による停電のため、下記の期間本ホームページが ご利用いただけない状態となります。
また、停止及び再開の時間帯につきましては、若干の変動が考えられます。
ご迷惑をおかけいたしますが,ご了承くださるようお願いいたします。

停止日時 : 2007年2月24日(土) 20時 〜 2007年2月25日(日) 10時

『セミコンジャパン2006』に出展しました。 (2006年12月19日)

  当社は、12月6日(水)から8日(金)まで幕張メッセ(千葉市)にて開催された 『セミコンジャパン2006』に信越グループ各社と合同で出展しました。
期間中は多数の方々にご来場いただき、まことにありがとうございました。

詳しくは、 「セミコンジャパン特集」 ページをご覧下さい。

本社電話機設備の入替工事に伴う電話不通のお知らせ (2006年7月5日)

  本社電話機設備の入替工事のため、下記の通り、本社休業日に一時的に電話が不通となります。
ご迷惑をおかけいたしますが,ご了承くださるようお願いいたします。

停止日時 : 2006年7月15日(土) 9時 〜 18時
                  ※停止及び再開の時間帯につきましては、工事の進捗状況により、若干変動する場合があります。

不通となる電話番号: (03)3348-1912
                            (03)3348-1913
                            (03)3318-1914

停電に伴うホームページ一時停止のお知らせ (2006年2月17日)

  電気設備点検実施による停電のため、下記の期間、本ホームページがご利用いただけない状態となります。
また、停止及び再開の時間帯につきましては、若干の変動が考えられます。
ご迷惑をおかけいたしますが,ご了承くださるようお願いいたします。

停止日時  :  2006年2月25日(土)  20時  〜  2006年2月26日(日)  10時

『セミコンジャパン2005』に出展しました。 (2005年12月27日)

 当社は、12月7日(水)から9日(金)まで幕張メッセ(千葉市)にて開催された 『セミコンジャパン2005』に信越グループ各社と合同で出展しました。
期間中は多数の方々にご来場いただき、まことにありがとうございました。

詳しくは、 「セミコンジャパン特集」 ページをご覧下さい。

事業所住所表示変更のお知らせ(2005年9月28日)

 平成17年10月1日、「武生市」と「今立町」が合併し、「越前市」となります。
それに伴い、当社「武生工場」と「株式会社福井信越石英」の住所表示が下記の通り変更されますので、お知らせいたします。

信越石英株式会社 武生工場
[新住所表示] 福井県越前市北府2-13-60

株式会社 福井信越石英
[新住所表示] 福井県越前市萱谷3-1-4

郵便番号・電話番号・FAX番号の変更はありません。

停電に伴うホームページ一時停止のお知らせ (2005年2月14日)

 電気設備点検実施による停電のため、下記の期間、本ホームページがご利用いただけない状態となります。
また、停止及び再開の時間帯につきましては、若干の変動が考えられます。
ご迷惑をおかけいたしますが,ご了承くださるようお願いいたします。

停止日時  :  2005年2月26日(土)  22時  〜  2005年2月27日(日)  10時

『セミコンジャパン2004』に出展します。 (2004年11月19日)

 当社は、12月1日から3日まで幕張メッセ(千葉市)にて開催される『セミコンジャパン2003』に信越グループ各社と合同で出展します。
毎年、半導体製造プロセス用の石英ガラス治具や材料を出展し多数の来場者にお越しいただいておりますが、今年は、パーティクルを抑制し 更にパーツの長寿命化をも期待させる「各種表面処理技術の紹介」と「新素材」を中心に展示します。 さらに、この度当社が扱いをはじめました、花崗岩をエポキシ樹脂で固めた複合体で 優れた振動吸収性が特徴の「ミネラキャスト」を紹介します。

光学用合成石英ガラス「SUPRASIL-P24」販売終了について(2004年10月29日)

当社は、長年にわたりご愛顧を頂いてまいりました光学用合成石英ガラス「SUPRASIL-P24」につきまして、2005年3月末の受注分をもって販売終了とすることにいたしましたのでお知らせいたします。
「SUPRASIL-P24」は、光学用合成石英の標準品として高くご支持頂いている「SUPRASIL-P20」の改良品として開発し、主にKrFエキシマレーザー照射に対して高い耐久性と安定性を有する製品として販売を続けてまいりましたが、諸事情により販売終了とさせて頂くことになりました。
お取引先の皆様には、長きにわたりご愛顧頂きましたことを心からお礼申し上げますと共に、今後とも弊社光学用合成石英製品を御愛顧頂きたく重ねてお願い申し上げます。

販売終了対象製品 :SUPRASIL-P24
受注終了時期   :2005年3月31日
問合わせ先 :信越石英株式会社 第1事業部
TEL 03-3348-1913

本社ダイヤルイン導入のご案内(2004年1月5日)

 当社本社(新宿)は、2004年3月1日より部門別のダイヤルインを導入いたします。
 3月以降、業務内容によりお問い合わせの電話番号が変更となりますので、ご理解とご協力をお願いいたします。
 新しいダイヤルイン番号につきましては、下記のとおりとなります。

●ダイヤルイン番号

部 門

組 織 名

ダイヤルイン番号


管理部門

総務部・社長室(特許グループ除く) (03)3348-1912

営業部門

第1事業部・第2事業部・第3事業部 (03)3348-1913

特許部門

社長室特許グループ (03)3348-1914
● 移行日 2004年3月1日(月)より

あわせて、「弊社本社(新宿)ダイヤルイン導入のご案内」もご参照ください。


『セミコンジャパン2003(12月3日-5日)』に出展します。(2003年11月10日)

 当社は、12月3日から5日まで幕張メッセ(千葉市)にて開催される『セミコンジャパン2003』に信越グループ各社と合同で出展、今年は半導体製造プロセスに使用される石英ガラス冶具と材料を中心に展示します(下記参照)。
 当社の今年のテーマは、『半導体ウェーハプロセス工程における大口径化とクリーン化ニーズへの対応』 300mm対応の各種石英治具類や当社が得意とする石英ガラス治具への表面処理技術や耐熱性を酸水素溶融天然石英以上に向上させた超高純度の合成石英ガラスなどを中心に紹介します。





HELLMA社製 セル関連品の取扱中止のお知らせ(2003年10月31日)

 当社は、2003年12月31日を持って、HELLMA社製のセル及びその関連製品の販売を中止することにいたしましたのでお知らせいたします。長年にわたりご愛顧賜わりまことにありがとうございました。
 詳細につきましては、「HELLMA社製セル関連品の取扱中止について」をご参照ください。
 なお、セル関連品を新たにご購入される場合のお問い合わせにつきましては、今後は下記連絡先にお願いいたします。
お問い合わせ先
	HELLMA(Asia Pacific)Pte Ltd
	194 Pandan Loop #05-09, Pantech Industrial Complex,
	Singapore 128383
	Tel (65)6775 6829   Fax (65)6775 6839
	e-mail: info@hellma-asia.com
	Andrew  Lee   (Managing  Director)
佐世保工場でISO14001認証取得
佐世保工場
 当社の佐世保工場は、ISOの認証機関「ABS-QE 」の本審査を終了し、2002年10月21日付けでISO14001の認証を取得しました。
当工場は、1999年に操業を開始した最新鋭の工場で、合成石英ガラス材料を製造しています。合成石英は光ファイバーや光学用レンズをはじめ、超高純度が要求される最先端の半導体製造プロセスで使用されています。
  佐世保工場は、2000年の武生工場と郡山工場、2001年の(株)山形信越石英、2002年6月の(株)福井信越石英に続き、国内で5事業所目のISO14001認証取得工場となります。最後に残された九州工場でも2003年の取得に向け認証審査準備を進めています。



『セミコンジャパン2002(12月4日-6日)』に出展します。(2002年11月5日)

 信越石英は、12月4日から6日まで幕張メッセ(千葉市)にて開催される
『セミコンジャパン2002』に出展します。  『セミコンジャパン2002』は、
世界最大の半導体製造装置・部品・材料の国際展示会で、信越石英は
信越グループ各社と合同で出展、今年は半導体製造プロセスに
使用される石英ガラス治具と材料を中心に展示します(下記参照)。



信越石英出展予定品 『セミコンジャパン2002』概要
●主催:SEMI
●会期:2002年12月4日(水)〜6日(金) 10:00〜17:00
●会場:幕張メッセ(日本コンベンションセンター)国際展示場ホール
●信越ブース:ホール8 小間番号 8-B406
・耐熱合成石英管・HxEシリンダー(大口径肉厚管)
・耐プラズマエッチング性石英ガラス・12"SSTインナーチューブ
・ポリイミドコート石英ガラス円板・12"SSTリングボート
・表面処理技術紹介パネル
セミコン風景
昨年の『セミコンジャパン2001』信越ブース風景



『全科展in東京2002(11/20-22)』にHellma社製セルを出展。(2002年10月19日)
Hellma  信越石英は、11月20日から22日まで東京ビッグサイトにて開催される
『全科展in東京2002』にHellma社の分光分析用石英セルを出展します。
 『全科展in東京2002』は、アジア最大級の科学技術総合展で、
信越石英は、これまでもHellma社とともに出展してきました。
Hellma社製石英セルには、世界の著名な材料メーカーから供給を受けた
最高級の窓材が使用されており、特に石英ガラスを材料とするものには、
Heraeus社の合成石英「SUPRASIL」や溶融石英「HERASIL」、
ブラック石英セルなどが用途によって使い分けられています。
セルの詳しい説明については、製品ガイドページを参照してください。
 ご来場の際は、ぜひ当社ブース(下記参照)へお立ち寄りいただき、
Hellma社製セルの素晴らしさをご自身の目でご確認ください。


『全科展in東京2002』概要 
●会期:2002年11月20日(水)〜22日(金) 9:30〜17:30
●会場:東京ビッグサイト
        <交通案内>
         ・臨海副都心線 国際展示場駅
         ・ゆりかもめ 国際展示場正門前
●信越石英ブースNo.:F17 Hellma(Asia Pacific)/信越石英(株)
●主催:日本科学機器団体連合会、日本工業新聞社
●URL: http://www.sia-japan.com



郡山工場、衛生管理優良事業所として表彰される。(2002年10月9日)
 当社の郡山工場(福島県郡山市)は、10月2日に開催された
「平成14年度福島県産業安全衛生大会」において福島労働局より
「福島労働局長賞/優良賞」 の表彰を受けました。
 これは、10月1日から7日までの全国労働衛生週間にちなみ福島
県内の 衛生管理優良事業所が表彰されたもの。郡山工場は、
これまで全従業員が協力して取り組んできた安全な職場環境づく
り・社員の健康維持促進などの安全衛生活動が高く評価され、県内
最高位の優良賞を受賞することができました。日々実践する安全
衛生活動は、300万時間を超える連続無事故操業といった記録にも
表れています。

 当工場は1983年に操業を開始、光ファイバー用合成石英材料や
半導体製造用石英材料の生産を行っており、1995年にISO9002、
2000年にISO14001とそれぞれの認証を取得しています。
郡山工場 表彰



「石英ガラス技術ガイド」を制作しました。(8月12日)
信越石英では、電子カタログ(PDF)として、新しく「石英ガラス技術ガイド」を制作し、 本WEB上の電子カタログページにアップしました。 「石英ガラス技術ガイド」は、信越石英が持つ豊富な石英ガラス素材群を題材にして、 その基本的な技術特性を様々な角度から紹介しています。 「化学的、物理的特性」と「光学的特性」の2編に分けPDFファイル化、 電子カタログページからご自由にダウンロードできますので、どうぞご利用下さい。



4事業所目のISO14001認証取得−(株)福井信越石英で
(株)福井信越石英は、ISOの認証機関「ABS-QE 」の本審査を終了し、2002年6月20日付けでISO14001が認証されました。

信越石英では、2000年の武生工場と郡山工場、2001年の(株)山形信越石英に続き4事業所目のISO14001認証取得となります。 現在、佐世保工場と九州工場でも認証審査準備を進めており、2003年には全ての製造拠点での認証取得を目指しています。

(株)福井信越石英は、信越石英の子会社のひとつで、主に半導体製造プロセスに用いられる石英ガラス加工品を製造しています。
株式会社福井信越石英



英語版WEBサイトをオープンしました。

信越石英株式会社では、2002年6月1日に英語版WEBサイトをオープンいたしました。こちらでは、ダウンロード用の英語版PDFカタログも用意しています。
日本語版ページと同様ご愛顧いただきますようご案内いたします。

English Web Site http://www.sqp.co.jp/e/




セミコンジャパン2001に出展しました。

信越石英では、2001年12月5日(水)〜7日(金)に幕張メッセ(千葉県)で開催されたセミコンジャパン2001に出展しました。
期間中、多数の方にご来場いただき、まことにありがとうございます。

今回は、ウェーハプロセス工程における薄膜、露光、エッチング、洗浄などの工程での使用に最適な石英ガラス素材をバラエティ豊かに紹介しました。また、同じく出展した真球状アルミナ微粒子は、半導体用封止材のみならず、様々な産業分野での利用可能性が期待されています。


信越石英の出展品

1エッチャーパーツ用各種石英ガラス素材
 合成石英ガラス
 合成石英ガラス+SST(31k)
 耐プラズマエッチング性石英ガラス(16k)
2フッ素樹脂コート石英ガラスキャリアボート(41k)
3ポリイミドコート石英ガラス円板(17k)
4不透明石英ガラスOM-100(17k)
5エキシマレーザーリソグラフィー用高耐久性合成石英ガラス
6真球状アルミナ微粒子(71k)
セミコン出展
(※)出展品をクリックすると、製品の説明資料(PDF)がご覧いただけます。(一部出展品除く)

尚、詳しい説明が必要な際は、下記までお気軽にお問い合わせ下さい。
出展品No.1〜4:第3事業部
出展品No.5〜6:第1事業部

PDFファイルをご覧いただくためにはAcrobat Readerが必要です。
お持ちでない方は、こちらからダウンロードしてご覧ください。



(株)山形信越石英が、ISO14001認証を取得。
(株)山形信越石英は、ISOの認証機関「ABS-QE 」の本審査を終了しており、11月2日付けでISO14001が認証されました。
ISO14001は、生産工程や製品が環境に与える影響を測定、管理する「環境マネジメントシステム」の国際規格であり、ISO14001の認証を得ていることは、企業の環境対応への取り組みの国際的な証明となるものです。

信越石英では、2000年に武生工場、郡山工場でISO14001の認証を取得。今回の(株)山形信越石英で3事業所目となります。現在、他の事業所でも順次、認証審査準備を進めており、2003年には全ての製造拠点での認証取得を目指しています。

尚、品質システムに関する国際規格であるISO9000シリーズは、既に全製造拠点での認証取得を果たしています。
株式会社山形信越石英

-- 戻る ページの先頭へ
copyright